カテゴリ:ルシのアルバム( 11 )

私花集(アンソロジー)

たしか、グレープを解散してから2枚目?のアルバムだったと記憶しております。

私花集と書いて、アンソロジー。
なんとも素敵な言葉です。

さだまさしの好きなところは、漢字を集めた言葉を、カタカナで読むところがあり、それが言葉の彩色をいかようにも塗る事ができ、想いは広がっていきます。

「最后の頁」マッチの軸で書いた「サヨナラ」、はじから火をともせば、サヨナラがきれいだ。これは、最後の方から思い出を消していけば、最初の頃の楽しい思い出しか残らないということかな?
「檸檬」は、東京・お茶の水が舞台。電車、川面波紋、かじられた檸檬、使い捨てられた恋が・・・
「案山子」家を出た子供を持つ親は、この曲を聴くと目頭が熱くなります。さださんは、弟を思い浮かべて書いたみたいですが。
「秋桜」親になれば、痛いほどわかるこの気持ち。結婚する女性にピアノ弾き語りで贈ったら、号泣でした。
ラストの「主人公」は、「私の人生の中では私が主人公だと」この事実に気付かないであるいは思い出せないで心を痛めている人達は、かなり多い!この曲を聴くと、素直に前向きになれます。
b0098881_19345471.jpg

1. 最后の頁(ページ)
2. SUNDAY PARK
3. 檸檬(れもん)
4. 魔法使いの弟子
5. フェリー埠頭
6. 天文学者になればよかった
7. 案山子(かかし)
8. 秋桜(コスモス)
9. 加速度
10. 主人公
[PR]
by fazhiko | 2014-04-19 19:34 | ルシのアルバム | Comments(2)

12ページの詩集

太田裕美「12ページの詩集」

いつ頃購入したのか憶えていないが、高校生の頃?
あまりにも素敵なアルバムなので、友人へは貸出禁止アルバムに指定していました。
アルバムは舌っ足らずな歌い方と曲調がマッチする洗練された世界へ連れて行ってくれます。
みんな素敵な味のある曲ですが、やはり「君と歩いた青春」。これにはシビレタ!風の正やんの前に聴いたものですから、これが僕のあるべき「君と歩いた青春」となっています。

アイドルだけれどもピアノの実力と歌唱力を持ち合わせた彼女は他のアイドルとは路線が全然違っていましたね。そして、これだけの実力者が提供する曲にも巡り合えたのは人間的にも魅力があるのでしょうね!

1. あさき夢みし     作詞:阿木耀子  作曲:宇崎竜童
2. 失くした耳飾り    作詞:喜多条忠  作曲:田山雅充
3. 青い傘         作詞:荒井由実  作曲:荒井由実
4. カーテン        作詞:松本隆    作曲:ケン・田村
5. 君と歩いた青春   作詞:伊勢正三  作曲:伊勢正三
6. 最後の一葉      作詞:松本隆    作曲:筒美京平
7. 湘南アフタヌーン  作詞:松本隆    作曲:山田つぐと
8. 一つの朝       作詞:松本隆    作曲:佐藤健
9. ミモザの下で     作詞:イルカ    作曲:イルカ
10. 赤い花緒      作詞:谷村新司   作曲:谷村新司
11. ガラスの腕時計  作詞:松本隆    作曲:萩田光雄
12. 恋の予感       作詞:太田裕美   作曲:太田裕美
b0098881_12223664.gif

[PR]
by fazhiko | 2013-01-26 12:23 | ルシのアルバム | Comments(6)

奇跡

二十歳前後、車の中でよく聴いていた!
b0098881_20371218.gif

柳ジョージ
1枚目
01: 酔って候
02: クロス・アイド・ウーマン
03: 祭ばやしが聞こえるのテーマ
04: エブリシング・ハド・チェンジ
05: 時は流れて
06: WHEN THE MOONLIGHT THE NIGHT
07: 一人酔い
08: SINFUL GIRL
09: HEAVY DAYS
10: 同じ時代に
2枚目
01: 雨に泣いてる
02: 本牧綺談
03: プリズナー
04: ヘイ・ダーリン
05: フェンスの向こうのアメリカ
06: 微笑の法則
07: FALLIN' DOWN
08: 眠りのない街
09: ROOM609
10: 遺言

ラストの遺言
 俺がもしも死んだら、亡骸を小さな舟に乗せて、生まれたこの町の港から沖に流してくれ・・・
 風の凪いだ夜に、街の小さな空を雲が流れたら、俺の為に歌ってくれ・・・
 裏道歩いた俺のたった一つの夢さ、暗い土の中に埋めないでくれ・・・

ワイルド・クール・男らしい歌声からのブルースは、僕の憧れだった。
こんなカッコいい歌い方してみたい!こんな音楽してみたい!

カラオケではよく歌うが、やはり僕のイメージと声には合わないみたい007.gif
かなり残念だ!

今日、久しぶりにレコード(LP)出して聴いてみた049.gif
この声、歌い方、惚れぼれします068.gif
ヘイ・ダーリン、フェンスの向こうのアメリカは特に好きな歌です。
ご冥福をお祈りいたしますが、僕の中では、ずっと生き続けておられます060.gif
[PR]
by fazhiko | 2011-10-23 20:37 | ルシのアルバム | Comments(2)

イルカ ライヴ

久しぶりのアルバム紹介001.gif

1976年4月24日東京・九段会館にて収録
b0098881_22135337.gif

*クジラのスーさん空をゆく
*春
*サラダの国から来た娘
*とんがらし
*あの頃のぼくは
*南国の冬
*シルエット
*冬の忘れ物
*なごり雪
*君は悲しみの
*いつか冷たい雨が

良い音楽は、時代には流されません058.gif
いま聞いてもまったく違和感ありません。
ライブ盤でも傑作と言ってもいいアルバム060.gif

石川鷹彦のアコースティックギターもとってもイイ004.gif
「なごり雪」・「君は悲しみの」のリードギターは聞きごたえがあります043.gif

イルカの歌唱力も素晴らしいのは言うまでもありません。

イルカのあたたかさ・やさしさが感じられる、とっても素敵なアルバムです001.gif
[PR]
by fazhiko | 2011-08-07 22:14 | ルシのアルバム | Comments(0)

polnareff

b0098881_204852.jpg
気がつくと、いつの間にか、春になっていた008.gif

そろそろ目覚めないと・・・また何もせずに1年が過ぎてしまう025.gif
b0098881_20464360.jpg

気分転換に洋楽のLPを聴いてみた。
ミッショル・ポルナレフ/ポルナレフ・ナウ
A面
1、愛のコレクション
2、愛の休日
3、忘れじのグローリア
4、ロミオとジュリエットのように
5、僕は男なんだよ
6、哀しみの終わるとき
B面
1、渚の思い出
2、ステキなランデブー
3、思い出のシンフォニー
4、愛はあの人の胸に
5、ギリシャにいるジョルジナへ
6、哀しみの終わるとき(演奏)

愛と自由の国?、フランスらしい、美しくてナイーブで繊細なロックだ。
たぶんフランス語って、世界で一番きれいに聴こえる言葉じゃないのかな!

大ヒット曲、愛の休日。実はこのHolidays、最近までフランス語だと思っていました。英語だったんですね012.gif
のりさんと組んでやっているユニットが「Holiday」、案が出たとき、まずこの曲が頭に浮かびました!

いろんな有名な曲ありますが、僕は波の音と海鳥の鳴声、汽笛の音が聞こえる「渚の思い出」が大好きです。
[PR]
by fazhiko | 2009-04-04 20:48 | ルシのアルバム | Comments(2)

ぷらいべえと

吉田拓郎 フォーライフレコードより1977年発売

カバーアルバム。下記番号1・8・10・11以外は、拓郎が詞または曲に絡んでいる自作のカバーです。

1. 夜霧よ今夜もありがとう
2. 恋の歌
3. 春になれば
4. ルームライト
5. いつか街で会ったなら
6. 歌ってよ夕陽の歌を
7. やさしい悪魔
8. くちなしの花
9. 赤い燈台
10. 悲しくてやりきれない
11. よろしく哀愁
12. メランコリー
13. あゝ青春

由紀さおりが歌った「ルームライト」
キャンディーズの「やさしい悪魔」
梓みちよの「メランコリー」
中村雅俊の「いつか街で会ったなら」
すべて作曲は拓郎!
なんと哀愁のこもったメロディラインなのでしょう!
大好きな曲です!

拓郎が歌って好きなのは「やさしい悪魔」
このギターバージョンで、一度歌ってみたいものだ!
b0098881_232074.jpg

ジャケットのクレヨン画は「浅田美代子」かな??
それとも・・・
[PR]
by fazhiko | 2008-02-23 23:06 | ルシのアルバム | Comments(7)

このアルバムを知らない人は不幸だ!

過激なタイトルをつけてしまったが、それほどこのアルバムは素晴らしい!

小椋桂アルバム「残された憧憬(あこがれ)」

1 落書Ⅰ
2 落書 Ⅱ
3 花化粧
4 落書 Ⅲ
5 白い一日
   落書きⅣ
6 野ざらしの駐車場
7 飛べない蝙蝠
8 落書きⅤ
9 夕ぐれの河に
10 ひときれの青空
11 落書 Ⅵ
12 糸杉のある風景
13 落書 Ⅶ
   残された憧憬
14 落書 Ⅷ
b0098881_1315498.jpg

井上陽水も歌った「白い一日」
歌詞の一部分、小椋桂は、こう歌っている。

♪この腕をさしのべて その肩を抱きしめて
ありふれた幸せに 落ち込めればいいのだけれど
今日も一日が過ぎてゆく♪

井上陽水は、「持ち込めれば」と。
陽水にテープだったか電話だったかで伝えた時、陽水が聞き違えたというのを聞いた事がある。でもそれが、二人の感性の違いと言えるだろう!

短い言葉で綴った「落書」そこに小椋桂の青春の悩み・いらだち・不安というものが詰まっているように思う。
その他の曲も、歌詞が心に残る素晴らしい曲ばかりです。
いまだに突然とメロディと歌詞が出てくるのが、野ざらしの駐車場の中の「人を責めればいつでも 自分を恥じるばかりで」
小椋桂ばかりではないが、歌詞が人生の教訓となっているのかもしれない。

切れ目無い構成で、アレンジが星勝、プロデューサーが多賀英典、そして細野晴臣・井上陽水・高中正義・安田裕美などがセッションに参加してます。
詞と曲と編曲、そしてアルバム構成が実にピッタリとハマっていて、芸術的なアルバムといっても過言ではないでしょう!
[PR]
by fazhiko | 2007-12-30 13:20 | ルシのアルバム | Comments(3)

10年後このアルバムは伝説になる

チャゲ&飛鳥 ファーストアルバム風舞

このアルバムが出た頃は、二十歳ぐらいだったかな??忘れてしまった!

いまでも活躍しているCHAGE&ASKA 、哀愁ただよう曲調・歌詞内容、歌唱力は抜群で「フォークロック」「演歌フォーク」ともいわれてました。

「かぐや姫」「拓郎」「陽水」をこよなく愛していたルシは、このインパクトあるアルバムのせいで、路線がちょっと変わるほど影響を受けました。

1. 追想(Instrumental) b0098881_23263692.jpg
2. 私の愛した人
3. 夢から夢へ
4. ひとり咲き
5. 風舞
6. 御意見無用
7. 夏は過ぎて
8. 冬の夜
9. 流恋情歌
10. 終章(エピローグ)

大ヒット曲「ひとり咲き」、ポプコン入賞曲(だったかな?)「流恋情歌」、そして知る人ぞ知る「終章(エピローグ) 」、いまでもこの曲は歌い継がれています。

「私の愛した人」、アルバムの中で最初に声が聴こえたのは飛鳥の「あなたの 愛したものが 急にゆがんでみえるとは 愛に別れ告げるときでしょう・・・」と、あの声で言うものですから、一発で大好きになりました。
[PR]
by fazhiko | 2007-09-23 23:27 | ルシのアルバム | Comments(18)

N.S.P FIRST LIVE

N.S.Pは、何の略か知っていますか?
実は、納豆・そら豆・ピーナッツなのです(笑)

なんて事はなく、「ニュー・サディスティック・ピンク」が、本当の名前なんです。

そんな感じで、いろんなおしゃべりで楽しませてくれるライブアルバム。
「がんばれ やせがえる」「便所虫」など冗談半分の曲も。
そういえば、鯉の話もあったなぁ~
b0098881_1830369.jpg

N.S.P(特に天野滋さん)の青春を素直に語る詞・自然を素朴に語る詞は、最初聴いたときに、大人への憧れが強い高校生だった僕には、ちょっともの足りないものがあった。

しかし、いつの間にか口づさんでいる曲が「あせ」だったり「新青春」だったりして、僕の音楽生活には、かかせない存在になっていた。

名作「昨日からの逃げ道」 このリードギターが、たまらないんです!!ベース・コーラスもうまくからんで、バランスよく仕上がっています。

そしてあの名曲「さようなら」天野さんの声にピッタリの、冬の出来事そのままの別れ歌。ん~胸にジ~ンときます。
b0098881_18275548.jpg
歌詞カードにコード譜があったのは、すごく親切!いま見てみると、鉛筆で転調したコードが書いてありました。かなり下がった音ですので、あの頃はたぶん高い声が出なかったのだろうな?
[PR]
by fazhiko | 2007-05-27 18:30 | ルシのアルバム | Comments(2)

かぐや姫/LIVE

四畳半フォークの代表的な曲「神田川」を含むLIVE名盤b0098881_11182947.jpg
おいちゃんキャラの南こうせつの熱唱・コード進行がとても素敵な数々の名曲を作った伊勢正三・あたたかい雰囲気そしてあの名曲「僕の胸でおやすみ」を作った山田パンダ。この三人の熱演ステージ。

当時(今から30数年前)ギターだけでどうやって曲を表現していけばいいのか分からない時は、LIVEバージョンは大変貴重だった。正やん役になったり、こうせつ役になったりしてレコードに合わせてよくギターを弾いたものだった。このLIVE盤は聴き過ぎて1枚目が駄目になって、2枚買ったのを覚えている。たしか最初の頃の発売LPは、フォノシートがついていた覚えがあるが・・・

まだ「かぐや姫」が存在していた時、高岡に来た時がある。当然観にいった。最後の曲は「神田川」、「今夜は高岡でいい夢がみられそうです」って言ったのを覚えている。そしてアンコール曲が「あの人の手紙」すごく感激した事は覚えがある。そしてビックリしたのは、正やんがスリーフィンガーをピックで弾いていた事だった!あれから練習した練習した!

最初の曲が「うちのお父さん」、これを聴くと次の曲がすぐ思い浮かびます。そして次から次へと最後の「神田川」まで途切れる事はありません。それくらいよく聴いたものです。
もちろんどの曲も好きですが、ギターバージョンで素敵に表現出来ている「加茂の流れに」、これは情緒溢れる京都の雰囲気満載で、とっても好きな曲です。
b0098881_11192115.jpg
今でもL&DとかL&D&Nで「かぐや姫」やってますが、あの頃このアルバムがなかったら、今の「ルシ」はいなかったでしょう!
[PR]
by fazhiko | 2007-04-08 11:21 | ルシのアルバム | Comments(17)

活動:富山県を中心に演奏活動「楽屋姫」のギター担当♪その他、QJ、Kiyo、など、いろんなアーティストと一緒に演奏しています♪


by fazhiko
プロフィールを見る
画像一覧