<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

精霊流し    著者:さだまさし

♪去年のあなたの思い出がテープレコーダーからこぼれてます・・・

さだまさしさんの自伝的小説。時間軸が、わかりにくかったけど、かなり感動する場面も。

さださんにしか書けない長い歌、情緒溢れる歌詞、目を閉じると浮かぶ光景、やさしい高い声。そしてとっても面白いオシャベリ!お~こんな過去が・若い頃が・子供の頃があったのか・・・

8月27日「ろくたん」さん主催の福野ライブで、ノイズ(チーフ)さんが、さださんやっておられました。高いきれいな声が、さださんとダブって聴こえました!

♪人ごみの中を縫うように静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生をかばうみたいに♪
[PR]
by fazhiko | 2006-08-29 23:51 | ルシの読書 | Comments(17)

AUBADE夏の音楽会

第1部 歌で遠足に出かけよう!
小学生から高校生まで、61名でのコーラス。指揮・指導は、古橋富士夫さん。

第2部 ”JAZZ in AUBADE"AGIN
昨年、公募で集まったメンバーを中心に、新たなメンバーも加わってのビッグバンド・ジャズコーラス。

今年2月に、高橋達也さんタイムファイブの皆様と一緒に、オーバードのステージに立たせてもらい、最高のひと時を過ごしました。今回はその第2弾!練習時間も以前よりは少なく、また練習も全員が揃う事も無く、不安を残したまま、いざ本番突入・・・
b0098881_6164649.jpg

男性楽屋では、みんなまとまって最後の練習!?(この期に及んで)(笑)その成果があったのかなかったのか、本番ではそれなりに声も出ていたし、ルシは楽しく歌わせていただきました。

感動したのは子供達のステージ!澄んだ歌声は大人の心を清らかにしてくれるし、短い期間でよくぞこれだけ憶える事が出来たと思わせるほどたくさんの歌・歌詞。指揮者・ピアノ伴奏と一体になって、ルシの心に飛び込んできました。楽屋ですれ違う時は拍手喝采!子供達から「大人も頑張って!」と、エールをもらいました。(苦笑)
b0098881_20491521.jpg
素晴らしいバンドの皆さんと、また素敵なコーラスの皆さんとオーバードで歌えたことは、きっと忘れる事は出来ないと思います。
[PR]
by fazhiko | 2006-08-25 23:12 | ルシの音楽 | Comments(0)

検事・沢木正夫 第三の容疑者   著者:小杉健治

ルシが図書館に通い始めてから、十数年経つだろうか?!
最初、特定のファンはなく、ランダムに選んで読んでいました。いつからか、本が面白いと思え、この人の本がもっと読みたいと最初に思ったのが「小杉健治」さんだったのです。
b0098881_2326326.jpg
今回は“検事・沢木正夫”シリーズの第2弾。
今年の夏の甲子園決勝は凄かったです。両エースに拍手喝采です。
この小説もかつての甲子園で活躍した堂本投手を助けようとする新田弁護士事務所のシーンから始まります。
元エースが老夫婦強盗殺人で逮捕される。甲子園時代の彼のファン二人が無実を証明しようと、新田弁護士とともに奮起。そんな時、新田弁護士の事務所の近くの公園で,一人の男が殺される。二つの冤罪事件が微妙にからまって裁判が展開されていく。検察、弁護士、取調べや裁判の場面などなかなか迫力がありました。そして、事件は意外な方向に・・・

ある選択をしなければなりません。あなたなら、どうします?たとえ話ですが、
”ある腕のいい医者がいて、何人もの命を救っています。いまもある重病患者の難しい手術を控えています。ところが、この医者に殺人容疑がかかりました。逮捕すれば、もう手術を行うことはできません。手術の終わるのを待って逮捕すれば、証拠隠滅の恐れさえあります。それより、別の人間が疑われて、その者の苦しみが続く事になります”

検事としての沢木正夫、また人間としての沢木正夫。どう選択するのか??
[PR]
by fazhiko | 2006-08-24 22:24 | ルシの読書 | Comments(0)

M:i:III

ミッション・インポシブル.。昔の「スパイ大作戦」をリメイクしたものです。第3作目。

昔はすごく楽しみな番組の一つでした。導火線に火がついて、かの有名な独特のテーマソングがはいると、ワクワクしたものです。
それともうひとつ楽しみなシーンはテープシーン。。「おはようフェルプス君」で始まるIMFからの指令の入っているテープレコーダーと敵の情報の入った封筒を探し「例によって君もしくは君のメンバー が捕らえられ、あるいは殺されても当局は一切関知しないからそのつもりで。このテープは自動的に消滅する。成功を祈る」。よく真似をしたものです。

テープはかなり昔なので、それから当然進化しています。CD・DVD・それともHDかなと思っていたら、以外にも・・・・・・。

トムクルーズ主演。画面の展開もはやく、アクション・スパイスリル性は、飽きることなく観れて、面白かったです。それにしてもカッコよかったなぁ!b0098881_124917.jpg
アクションものは、矛盾する細かいストーリーの内容は、考えなくてもいいと思ってます。楽しいのが一番!

ちょっとネタばれですが、トムクルーズの全力疾走・・・。っすが鍛えてますですね。ルシがあれをやると、まず足がついていかないし、心臓麻痺で倒れるでしょう!(笑)

それはそうと、あのテーマソングなんですが、5/8拍子かな?そんなのあるのかな?
[PR]
by fazhiko | 2006-08-16 01:04 | ルシの映画 | Comments(0)

楽屋姫

昨夜、近くの中伏木地区の納涼祭で、「楽屋姫」さん達のライブがありました。
b0098881_11251725.jpg
中・高校生時代に ”かぐや姫” から、大きな影響を受けた僕にとっては、とっても懐かしくて楽しい時間を過ごさせてもらいました。またまた、生ビールが美味しかった!

数年前、吉峰キャンプに行ったとき「楽屋姫」さん達の存在を知り、いつか聴いてみたいな と願っておりました。
昨年から始めた音楽活動の交友関係から、お知り合いになる事ができました。呉東地区を中心に活動しておられるのですが、最近呉西からもオファがあるようで、先週の高岡ウイングウイングに続いて観にいきました。「ろくたん」さんとも一緒に観てました。いろいろお話も出来てよかったです。

高校生の時学園祭で唄った「眼をとじて」も久しぶりに聴き、懐かしい思いに浸っていました。最後の曲では、みんな一緒に唄ってもらおうと、「自治会長さんもご一緒に」「うしろの焼きそば焼いてるお兄さんもご一緒に」そして「ルシファーさんもご一緒に」と曲の間に入れるものですから焦ってしまいました(笑)

すごく素敵なコンサートでした。踊りも字も上手なシンガー英樹さん、あったかい雰囲気の楽しい「まつ」さん、出来立ての髪型で演奏されたKATTAROさん、音楽への熱い思いが伝わる「ろくたん」さん、とっても楽しい「ひととき」でした。

あ、○○○○○ペーパー、ありがとうございました。扇風機、惜しかったですね(笑)
[PR]
by fazhiko | 2006-08-13 12:42 | ルシの音楽 | Comments(2)

空中ブランコ      著者:奥田英朗

第131回直木賞受賞作品
b0098881_9283494.jpg
数年前に、ある人から「面白かった」と聞いて、そのとき読みました。やっぱり暑い時期だったような・・・。

最近、仕事も忙しく(いつもかな?)疲れたときには、こういう「元気の出る」読み物が一番。


注射好きの精神科医伊良部先生・・・。特別何かしているわけでもないのに、いつの間にか癒されているっていうのは、憧れる世界です。

病気とか、精神的苦痛は、当人でないとその苦しさはわからないものです。それをまるで他人事のように、患者の話も聞かないでいきなり注射をうたせて、訳のわからない事言って、それでもいつの間にか改善されていく、不思議な世界。
そんな伊良部に憧れるのは、好奇心旺盛で子供のようだからだろう!子供のような純粋な気持ちが、汚れた大人の心を洗ってくれているのかもしれない!

そんな不思議な精神科医伊良部先生の活躍は 、とっても笑えます。
個人的には露出狂看護婦マユミちゃんが、好むところでありますが(笑)
[PR]
by fazhiko | 2006-08-05 09:29 | ルシの読書 | Comments(0)

東京タワー      著者:江國香織

恋はするものじゃなく 落ちるもの・・・・・b0098881_924695.jpg
内容は、青年と年上女性の恋物語。

恋をしてしまった女性の、どうしようもできない気持ちが、我儘あるいは意味不可解の言動に移っているところが、うまく表現されていたかな?

小説自体は、面白味がありませんでした。たまに出てくる、ちょっと違った視線の「言葉」が、少しだけ印象に残りました。
[PR]
by fazhiko | 2006-08-05 09:04 | ルシの読書 | Comments(2)

活動:富山県を中心に演奏活動「楽屋姫」のギター担当♪その他、QJ、Kiyo、など、いろんなアーティストと一緒に演奏しています♪


by fazhiko
プロフィールを見る
画像一覧