容疑者Xの献身:東野 圭吾

b0098881_8215510.jpgエドガー賞、残念でした!
ニュースより抜粋
(米ミステリー作家協会(ニューヨーク)が主催する2012年「エドガー賞」が26日、ニューヨークのホテルで発表され、最優秀小説賞にモー・ヘイダー氏の「ゴーン」が選ばれた。同賞候補5作品の一つだった東野圭吾さんの小説「容疑者xの献身」は受賞を逃した)

エドガーとは言うまでもなアメリカの小説家エドガー・アラン・ポーです。
このネームを真似したのが、そう、あの有名な江戸川乱歩です。

今度、江戸川乱歩の芝居を観に行きます!詳しくは、また載せます。

小説は、一気に読み終えた!GW後半初日の贅沢な時間の使い方でした。

凄まじい結末!まったく予想できなかった!すごいの一言!
誰が悪いの?純粋な愛ゆえに・・・そこまで・・・。。。

いろんなラストが考えられると思いますが、結末はこれで良かったの??
人間の心があるならば、こちらを選択するでしょうね!
[PR]
by fazhiko | 2012-05-05 08:22 | ルシの読書 | Comments(0)