2013年 01月 26日 ( 2 )

12ページの詩集

太田裕美「12ページの詩集」

いつ頃購入したのか憶えていないが、高校生の頃?
あまりにも素敵なアルバムなので、友人へは貸出禁止アルバムに指定していました。
アルバムは舌っ足らずな歌い方と曲調がマッチする洗練された世界へ連れて行ってくれます。
みんな素敵な味のある曲ですが、やはり「君と歩いた青春」。これにはシビレタ!風の正やんの前に聴いたものですから、これが僕のあるべき「君と歩いた青春」となっています。

アイドルだけれどもピアノの実力と歌唱力を持ち合わせた彼女は他のアイドルとは路線が全然違っていましたね。そして、これだけの実力者が提供する曲にも巡り合えたのは人間的にも魅力があるのでしょうね!

1. あさき夢みし     作詞:阿木耀子  作曲:宇崎竜童
2. 失くした耳飾り    作詞:喜多条忠  作曲:田山雅充
3. 青い傘         作詞:荒井由実  作曲:荒井由実
4. カーテン        作詞:松本隆    作曲:ケン・田村
5. 君と歩いた青春   作詞:伊勢正三  作曲:伊勢正三
6. 最後の一葉      作詞:松本隆    作曲:筒美京平
7. 湘南アフタヌーン  作詞:松本隆    作曲:山田つぐと
8. 一つの朝       作詞:松本隆    作曲:佐藤健
9. ミモザの下で     作詞:イルカ    作曲:イルカ
10. 赤い花緒      作詞:谷村新司   作曲:谷村新司
11. ガラスの腕時計  作詞:松本隆    作曲:萩田光雄
12. 恋の予感       作詞:太田裕美   作曲:太田裕美
b0098881_12223664.gif

[PR]
by fazhiko | 2013-01-26 12:23 | ルシのアルバム | Comments(6)

妻は多重人格者 花田深

ノンフィクション手記
「妻は多重人格者」花田深

こんな衝撃的な現実があるとは!!
自分の中に潜む数人の人格者。潜むいろんな人格者が犯す犯罪とまでは言えないが借金地獄、このご主人にしてみれば、生き地獄とはまさにこの事!でも離婚もせず狂いもせずに自殺もせずに生き抜いたのは、素晴しい。
「私はこの苦しい私の人生を、私自身が選んで生まれてきたのだという事がよくわかった」とあるように、奥様を通していろんな能力を見ているご主人(著者)にしてみれば、人間の本当の姿、生まれてきた目的みたいなものを、
少しづつ感じてきていたのかもしれない。
海外でも【24人のビリー・ミリガン ある多重人格者の記録】 著:ダニエル・キースとか、いろんな事例があるらしい!
b0098881_1146246.gif

「週末婚」内館牧子
法律・世間体で決められている形ばかりではない。夫婦にはいろいろな形がある。それは、自然にそのような形になるのだろう。それが自然だとしたら、法律・世間体で決められたこととはなんと不自然なんだろう。
あるべき自由な姿とはどんな形になるのだろうか?
[PR]
by fazhiko | 2013-01-26 11:53 | ルシの読書 | Comments(0)